ブログ

入院したら何のお金を使う?

あっという間に7月も終わりかけていますね。

 

7月1日に星野源の新潟ライブに行ったのは

ついこの前のような、だいぶ前のことのような

夢のような時間でした・・。

 

子どもは夏休みですが、

毎日、課外授業と部活があるため、

普通の日と何ら変わりはありません。

ただ、この夏休み期間を利用して、親不知を2本抜くために

来週1週間は手術&入院です。

もちろん初めての入院、初めての全身麻酔。

うちの子は健康が取り柄なので、入院したことは一度もないし、

寝込むこともまずありません。

1週間の入院に耐えられるのでしょうか。

 

子どもは医療費が掛からない

福島県の子供たちは医療費が掛かりません。

18歳まで掛かりませんから、

今回の手術、入院も保険適用部分については

支払いが必要ありません。

とても助かります。

(個室などに入院した場合は差額ベッド代が

 かかります)

 

うちの子は県民共済のこども1型に加入しているのですが、

保険給付対象外のところに抜歯とあったので、

親不知の入院・手術は対象にならないようです。

 

でも、ただの抜歯ではなくて、歯茎を切開して、

骨を削り、抜歯をするので、その骨を削る行為が

給付対象となる場合があるようですので、

どんな手術でも、保険会社の判断によりますので

問い合わせはしてみた方がよさそうです。

 

手術・入院への負担

1週間もかからず退院するとわかっていますが、

検査や準備で事前に結構時間が掛かります。

駐車場代や準備品などで、少しではありますが

出費もあります。

 

ご病気で入院される方から比べたら

私たちは気持ち的な負担もさほどありませんが、

病気への不安、そこに金銭的な不安もあったりすると

気持ちへの負担はどんどん大きくなります。

 

病気になった時は何のお金を充てるのか、

医療保険なのか、預貯金なのか、

シミュレーションをしておく必要があると思います。

 

何のリスクについても「備え方」を確認しておくと

気持ち的な負担は少し軽くできるはずです。

 

あとは病気にならないように健康維持ですね。

暴飲暴食せず、早寝早起きして運動を継続する。

 

「それが一番難しいのよ」と思った方、

私と一緒です。

 

でも余計なお金は使わないのが一番なので、

病気にならないよう、少しずつ体を動かせたらと思います。

 

階段を昇るとか・・ね(;^_^A