ブログ

住宅ローン借換&家計節約相談会!

昨年のマイナス金利以降、住宅ローンの金利が

下がっていたための借換熱はこのところ落ち着いています。

 

敏感な方の借換の動きは昨年の前半に集中しましたが、

まだまだ実は低金利は続いています。

 

「皆さんどんな感じで借換しているんだろう?」

参考に機構のデータをご覧ください。

 

【住宅金融支援機構の民間住宅ローン借換の実態調査結果】

(2015年11月~2016年3月までに借換された方対象)

◆借換による金利の変化

 借換によって金利が低下した方は全体の82.6%であり、

 0.5%~1.0%低下した方が21.6%と最も多い。

◆借換までの経過年数

 借換までの経過年数は、すべての金利タイプで経過期間

 「5年以下」と比較的早期の借換が最も多い。

◆借換による毎月返済額の変化

 借換によって毎月返済額が変化した方は全体の66.0%であり、

 5千円~1万円以下減少した方が21.2%と最も多い。

◆毎月返済額減少分の使途

 借換による毎月返済額減少分の使途は「生活費」に充てる割合が

 最も多く、「貯蓄」がそれに次ぐ。

 

住宅ローンを組んで間もない方が借換する率が高いというのは、

残債・残期間が多い方が借換メリットが出やすいということが

あげられますねね。

あと、借換で出たメリットは生活費に充てられるというのは

なんとなく使っちゃうということなのでしょうか。

少しもったいないような気もしますね。

 

昨年の後半からは長期固定金利も少しずつ上がってきたので

借換の相談も減ってきていますが、

まだまだ金利は低いので、去年結局迷った末に

踏み切れなかったという方、まだまだ遅くありません。

変動金利の方、〇年固定の方、全期間固定の方、

皆さん対象です。

自分の返済金利を勘違いして低く覚えている方もいるので

念のためご確認くださいね。

 

1ヶ月数千円でもローンの返済額が減れば、

他にお金をまわせます。その分で運用して

増やすことも可能です。

 

どの位返済額が減るのかしら?と思った方は

迷わずご連絡ください。

 

「住宅ローン借換&

      家計節約相談会」

日 時 平成29年3月18日(土)19日(日)

    10時~18時 

場 所 株式会社あいFP事務所

    大町のマンションの1室です。

    中央通りのドコモさんの裏あたりです。

予 約 電話にて時間を約束させてください。

    その時に駐車場のご案内もします。

相談料  無料

持ち物  現在の住宅ローンの返済表

予約電話番号  0242-23-9013

   不在の場合は留守電になります。

   留守電に吹き込んでいただくか、恐れ入りますが

   携帯へご連絡ください。080-5737-2229

 

 

昨年、私のまわりで借換をしたという方で

「その借換の仕方、もったいない!」と思った方が

何人もいらっしゃいました。

借換をする前だとアドバイスができます。

ぜひお気軽にお越しください。