ブログ

火災保険の水災について

今日は晴天ですね。

 

西日本の大雨被害にあわれた皆様は

復旧作業に大変な思いをされていることでしょう。

 

亡くなられた方、被害にあわれた方、

心からお見舞い申し上げます。

 

こんな時に保険の話ですが、

こんな時だからこそということで、

火災保険についてです。

 

土砂崩れの災害現場がテレビで映し出された時に

母が、「自然災害は保険がすべて対象になるよね?」と

言いました。

 

火災保険にフルで加入されている方は、

水災まで補償されているはずなので、

 

建物・家財それぞれ時価の30%以上の損害、

もしくは床上浸水、あるいは地盤面より45cmを超える

浸水による損害が補償されます。

 

水災の主な例(建物)としては、

・豪雨により、床上浸水が発生し壁や床に

 損害が生じてしまった。

 

・台風時の河川決壊により、建物が流されてしまった。

 

・集中豪雨により裏山で土砂崩れが発生し、

 建物が流されてしまった。

 

水災の家財(建物とは別・オプション)については、

 

・床上浸水が発生し、1階の家電製品・家具などが

 壊れてしまった。

 

などになります。

(火災保険パンフレットより)

 

水災まで補償があれば、ここまでカバーされます。

 

逆に、水災の補償を外していた場合は

ここまでカバーされないということになります。

 

すでに新築して、火災保険に加入されている方は

どこまで補償されているか内容を確認しておくように

してください。

 

新築すると、最長の10年一括で火災保険に加入される方が

大半だと思いますが、

 

見積もりをとってみると、水災を付ける・付けないで

保険料が大きく違うことに気が付かれると思います。

 

なので、

大きな川が近くにない、山のふもとではない場合、

水災を外して加入される方も多くいらっしゃいます。

 

どこに住んでいる方にもフルパックで保険加入が必要とは

思いませんが、

どこまでの災害に対して保険でカバーされるのかは、

ご自身で補償内容を確認し、選択することが必要です。

 

火災保険のパンフレットはちゃんとみると

わかりやすく作られています。

 

ハザードマップなどもぜひ参考にしてください。

 

会津若松市ハザードマップ

 

保険会社によっても、支払いや加入選択の仕方で違いがある

可能性がありますので、ご加入予定の保険の

「こんな時に保険をお支払いします」という案内を

ぜひチェックするようにしてくださいね。