ブログ

“お客様のため”にうんざり?

大型の台風が近づいていますね。

すでに月曜、公立小中学校は休校になっているようで、

私立高校はどうなの?と休みたくて仕方ないうちの娘は

気になっているようです・・・。

 

今日明日は福島テレビ住宅展示場にて

ハロウィンイベントが開催されております。

今日(土曜日)イベントチラシが新聞折り込みに

なっていましたが、

動物が来たり、ケータリングサービスがあったりと

楽しめそうです。

台風でどこにも行けそうにないけどどこか行きたい

という方はぜひお越しください。

ちなみに

私は22日の日曜日に相談会で終日会場におります。

お声掛けいただけるとうれしいです。

 

とにかく、台風気をつけましょう。

選挙もいかなくちゃですよね。

 

 

さて、先日、尊敬するファイナンシャルプランナーの方

お二人と新潟で高級お寿司をいただいて参りました。

とても光栄で素晴らしい時間でした。

 

そしてあんなにおいしいお寿司をいただいたのは

生まれて初めてで、感動しました。

あのお寿司のおいしさはいくら文字で伝えても

食べなければわからないというところがあると思いますので

この辺にしますが、お伝えしたいのはお寿司のことではありません。

 

ご活躍されているお二人といろんなお話をさせていただいた中で

思い出したのですが、

当然ですが、

いろんなファイナンシャルプランナーの方が

日本中にはいらっしゃいます。

 

保険販売のみをされている方も、銀行で金融商品を売っている方も

住宅会社さんでアドバイスする方も、

みんな「ファイナンシャルプランナー」です。

 

そこは間違いではないのですが、

自分の会社の商品を販売するために

いろんな提案をしたりする方が圧倒的に多く、

「お客様の立場」に立って、お客様の利益を追求し

アドバイスをしているファイナンシャルプランナーは

どのくらいいるのか?

というと極々少数な気がします。

 

 

「お客様のため」

先日、ある保険やさんが

私がよく使う「お客様のため」という言葉に

イラっとしたらしく、指摘をされたということが

ありました。

 

それで思い出したのですが、

何年か前にファイナンシャルプランナーの事務所を

立ち上げる時に、いろいろ参考にさせてもらおうと思い、

ある保険ショップに見学に行きました。

 

そしてそこの社長さんに

私がファイナンシャルプランナーとしての思いを

伝えたところ、

「何言ってんの?

 怒鳴りつけてでも保険に加入してもらえばいいんだよ!」

と言われたのです。

衝撃的でした。

・・・振りきれてる程の自分利益主義ですよね。

反面教師として参考になりました。

 

そもそもトークがお上手なので、

たぶんお客様にはうまーく伝えてるんでしょうけどね。

確か保険の成績的にはかなり上だったと思うので、

お客様への思いと成績が比例するのかどうかは

何とも微妙なところです。

 

そんなこんなで最近、保険やさんに不信を抱いて

しまっております。

私も保険を販売することもありますが、

加入を勧めないことも多々あります。

根拠もちゃんとお伝えします。

私としてはそれが「普通」です。

 

ボランティアで仕事をして、儲けようとするな、

とは全く思いません。

責任ある仕事は対価が発生して当然だからです。

でもお客様の利益よりも自分の利益を優先して考えた時点で

ファイナンシャルプランナーと名乗る資格は

私は無いと思っています。

 

保険販売をされている方をけなしているわけでは

ありません。

すばらしい方もいらっしゃいますから。

 

中には

ファイナンシャルプランナーと言えど、

売るだけタイプの方がいるということです。

 

お客様側も見分ける目、必要ですね。