2019年のセミナー開催予定

2019年1回目の『住宅取得5つのお金のルールセミナー』は

1月20日(日)と

昨日ご案内させていただきました。

(昨日のブログはこちら⇒今年お家を建てる方必見のセミナー

 

昨年2018年はこの

『住宅取得お金の5つのルールセミナー』を

2か月に1回、計6回のペースで1年間開催しましたが、

今年2019年は1年に3回の予定でおります。

今のところの予定は1月、5月、9月です。

(予定変更する可能性はあります。

 ご了承ください)

 

「前から参加したかった」という

ありがたいお声をいただいておりますので、

1年の予定を載せさせていただきました。

 

住宅取得始動に合わせて

ぜひ一度聞きにいらしてください。

 

年3回の予定ですので、

1度逃すと、数か月空いてしまいます。

 

お家を建てる方に向けた、

大切なお金のルールがぎゅっと詰まったセミナーですので、

ぜひお聞き逃しのないように

ご参加くださいね。

 

 

住宅取得お金の5つのルールセミナー

日時 : 2019年1月20日(日

     14時~15時半(15分前より受付開始)

場所 : アピオスペース2階研修室

参加費 : 1,000円

     (おいしいお菓子のお土産付きです)

申込方法 : 電話0242-23-9013

       携帯080-5737-2229

       このホームページの問合せフォームに

       【セミナー参加希望】入れてください。

申込締切 : 1月18日(金)

 

※1 ぜひご夫婦ご一緒に参加してください。

※2 小さいお子さんと一緒にご参加の方は、

   お手数ですが事前にご連絡ください。

※3 純粋に自分の家を建てたいとお考えの方以外の

   参加を基本的にお断りしておりますので、

   ご了承ください。

※4 すでに土地や建築屋さんが決まっている方は

   参加しない方が良いかもしれません。

※5 セミナー参加についてのご質問等は

   お気軽にお電話ください。菊地携帯080-5737-2229

 

今年も目の前の人を幸せにするため、

しゃべりまくります!

ご参加おまちしております!!

 

☆あなたのマイホームの適正価格はいくら?が
スパッとわかる、予算診断はこちらをクリック ↓↓↓↓↓
   株式会社あいFP事務所 マイホーム予算診断

☆トータル数百万円の差が出る??
これから住宅を取得される方のためのメール講座はこちら
をクリック⇒⇒  知らずに建てて大丈夫?無料メール講座

 

 

 

 

今年お家を建てる方必見のセミナー

2019年、住宅を持とうとお考えの方が

まず最初に行うことは、

お金について学ぶことです。

 

住宅購入は、ほぼ一生に一度の

大きな買い物です。

知らない、よくわからないことをうやむやにせず、

納得して流されずに

自分の家を持ち、

楽しく暮らすためにも、

ぜひお金のルールのお話を聞きにいらしてください。

 

住宅取得お金の5つのルールセミナー

日時 : 2019年1月20日(日)

     14時~15時半(15分前より受付開始)

場所 : アピオスペース2階研修室

参加費 : 1,000円

     (おいしいお菓子のお土産付きです)

申込方法 : 電話0242-23-9013

       携帯080-5737-2229

       このホームページの問合せフォームに

       【セミナー参加希望】入れてください。

申込締切 : 1月18日(金)

 

※1 ぜひご夫婦ご一緒に参加してください。

※2 小さいお子さんと一緒にご参加の方は、

   お手数ですが事前にご連絡ください。

※3 純粋に自分の家を建てたいとお考えの方以外の

   参加を基本的にお断りしておりますので、

   ご了承ください。

※4 すでに土地や建築屋さんが決まっている方は

   参加しない方が良いかもしれません。

※5 セミナー参加についてのご質問等は

   お気軽にお電話ください。菊地携帯080-5737-2229

 

今年も目の前の人を幸せにするため、

しゃべりまくります!

ご参加おまちしております!!

 

☆あなたのマイホームの適正価格はいくら?が
スパッとわかる、予算診断はこちらをクリック ↓↓↓↓↓
   株式会社あいFP事務所 マイホーム予算診断

☆トータル数百万円の差が出る??
これから住宅を取得される方のためのメール講座はこちら
をクリック⇒⇒  知らずに建てて大丈夫?無料メール講座

 

 

2019始動です。

あけましておめでとうございます!

 

弊社は本日が仕事始めです。

 

 

本年は、さらに住宅を取得される方にとって、

1番の強い味方として寄り添います。

 

セミナーや相談会を通して、

ひとりでも多くの方の力になれたら幸せです。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

 

 

2019年1月20日(日)

 今年1回目の住宅取得される方のためのお金のセミナー開催します。

 会津アピオ2階、14時~15時半、参加費1,000円です。

 家を建てるにはまずこのセミナーを聞いてからですよ。

 参加申込は、電話0242-23-9013か

 携帯080-5737-2229、または

 このホームページの問合せフォームにて

 【セミナー参加】と入れてお願いします。

 

 

☆あなたのマイホームの適正価格はいくら?が
スパッとわかる、予算診断はこちらをクリック ↓↓↓↓↓
  あいFP事務所 マイホーム予算診断

☆トータル数百万円の差が出る??
これから住宅を取得される方のためのメール講座はこちら
をクリック⇒⇒  知らずに建てて大丈夫?無料メール講座

 

 

年末のご挨拶

12月31日ですね。

今日のお昼で仕事納めとさせていただきました。

 

今年も1年間、健康で楽しく仕事をさせていただけたこと、

本当に本当にうれしく思っています。

 

日々仕事が出来ることが毎日幸せで

毎日わくわくしながら事務所に向かっています笑

 

これもひとえに一緒に家造りをしていただいてる、

お客様、建築会社様、あい事務所の皆さん、

尊敬する田中先生のおかげです。

本当にありがとうございます。

 

年明けの仕事始めは4日の予定です。

また4日から仕事できることが楽しみです。

 

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!

 

 

☆あなたのマイホームの適正価格はいくら?が
スパッとわかる、予算診断はこちらをクリック ↓↓↓↓↓
  あいFP事務所 マイホーム予算診断

☆トータル数百万円の差が出る??
これから住宅を取得される方のためのメール講座はこちら
をクリック⇒⇒  知らずに建てて大丈夫?無料メール講座

 

 

消費増税で住宅ローン減税3年延長ですね

年末押し迫ってきましたね。

 

年末になると、

あれもこれもやらなきゃと思っちゃいます。

 

年明けは反動でポカーンとしたりするんですけど(笑)

 

 

さて、今回は消費増税対策についてです。

 

 

 

消費税が来年の10月から10%になるにあたり、

住宅ローン控除が拡充されるといわれていましたが、

 

 

12月11日の新聞に

現行の10年から13年に延長と発表がありました。

 

 

10年目までは今までと同じ、

住宅ローン年末残高の1%、11年目以降は

 

建物価格の2%とローン残高の1%残高還付3年分の

どちらか少ない方が減税額となります。

 

 

例えば、建物の金額が坪単価60万円、

35坪とすると、建物金額は2,100万円です。

 

 

2,100万円に対する消費税額は、

8%で168万円、10%で210万円、

差額は42万円です。

(土地は消費税非課税です)

 

 

ローン減税延長3年でいくら戻るかですが、

建物金額の2%で計算すると、

 

462,000円です。

 

消費増税分は延長の3年分で取り戻せそうです。

 

 

この延長には期間があり、

2019年10月から2020年末の間に新たに

契約した住宅が対象です。

(注文住宅は2019年4月契約分から)

 

 

結構期間が短いので要注意ですね。

 

 

この他の増税後の対策としては、

すまい給付金の所得階層拡充と給付額引き上げ(30万⇒50万円)、

住宅取得資金の贈与枠の拡充(最大1,200万円⇒3,000万円)

があります。

 

 

増税対策なので、増税分は8%で建てた場合と

変わらない位になりそうですが、

 

 

すまい給付金は所得に応じて、

ローン減税は借入額と納税額で違いが出ます。

 

 

 

もし、今住宅の話が進んでいるのに、

わざわざ10%に延ばそうと考えた場合は、

 

 

その間の家賃や、金利の変化まで加味しないと、

総支払額が増えてしまう可能性があるので

注意してくださいね。

 

 

ではまたお読みくださいね。

 

※年末は12月31日(月)のお昼まで、

年明けは4日より始動の予定です。

 

 

あなたのマイホームの適正価格はいくら?

スパッとわかる、予算診断はこちらをクリック ↓↓↓↓↓

  あいFP事務所 マイホーム予算診断

 

☆トータル数百万円の差が出る??

これから住宅を取得される方のためのメール講座はこちら

をクリック⇒⇒  知らずに建てて大丈夫?無料メール講座

 

 

 

 

 

 

 

 

教育資金、どう準備する?

 

弊社、株式会社あいFP事務所は

12月で4年目に突入いたしました。

 

 

お客様、そして支えてくださる

多くの皆様に心から感謝申し上げます。

 

 

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

さて、私事ですが娘の大学が決まり、

大学や住まい、生活費などの教育費問題と

私自身、直面している真っ只中ということもありまして、

今回は、教育費についてです。

 

 

ライフプランを作ることが私の仕事ですが、

 

その際に、お子さんの高校卒業以降の

教育資金の準備について

どうされるかを確認しています。

 

 

やはり、皆さん大学に行かせたい、

行きたいという時のために準備しておきたい、

 

とおっしゃる方が大半です。

 

 

会津からだと、自宅から通える大学が

とても少ないので、

 

 

アパートやマンションの家賃や生活費の

準備も必要になって、

 

単純に大学に支払う費用の倍の金額が

必要になります。

 

 

絶対に国公立で!とか、

国公立以外は認めない、と言う方も

中にはいらっしゃいますが、

 

多くの方は私立で計算しておいてくださいと

おっしゃいます。

 

 

その場合、いくら計算にいれるか、というと、

4年間で830万円(文系)です。

(国公立だと650万円)

 

 

理系だと1,030万円です。

 

 

今回、うちの娘が理系に進みますが、

ほぼ合っています。

(もちろん、住むところによって差は出ます)

 

 

4年で800~1,000万って

すごい金額です。

 

 

やはり予めの準備が必要です。

 

 

どう準備する?

 

 

まったく準備をしておらず、

大学決まるころに焦りだす、

 

 

という方はほとんどおらず、

 

 

お子さんが生まれた時から

コツコツ何かしらで貯めている方が

多いでしょう。

 

 

学資保険は満期で200万でやっておられる

方が多いようです。

 

 

200万円だと月1万円弱の積立の計算です。

 

 

そこに理想としては、

児童手当を使わずに貯めることができれば、

 

 

200万円が貯まりますので、

学資保険+児童手当で約400万円貯められます。

 

 

そこに、4年間毎月の仕送りが5万円程度とすると

4年間で240万円になります。

 

 

合計640万円になりますので、

これで国公立なら、ほぼクリアですね。

 

 

私立だとするとあと200~400万円の

準備が必要ですが、

 

 

大学生の毎月のアルバイト収入の平均は

月約3万円で、4年で144万円になります。

 

 

あとの不足分は奨学金でカバーです。

 

 

奨学金は学生の約半分が利用していて、

4年間での借入金額の平均は288万円です。

 

 

例えば、月5万円を奨学金でまかなうとすると、

総額240万円で、

 

 

返済はどうなるかというと、

借りたお子さん本人が、大学卒業後に

毎月13,500円位を15年間払って

 

返還していくことになります。

 

 

利用金額が変われば、返還する金額も

違いが出ます。

 

 

利息の有無でも差が出ますので

参考として見てください。

 

 

お子さんが1人の場合だと

何とか頑張れそうでも、

 

 

2人、3人、4人となると、

親が出して上げれられる金額の

 

 

上限はおのずと限られます。

 

 

子育て世代の方は、

車のローン、住宅ローンを抱え、

 

 

そこに教育資金のための学資保険、

生命保険、個人年金保険と

 

 

限られた収入の中でやりくりが必要です。

 

 

このどれかにお金を掛けすぎても

家計バランスが崩れる可能性があります。

 

 

しっかりライフプランシミュレーションを

行って、バランスを整えて参りましょうね。

 

 

ちなみに、私の娘には奨学金多めで

やりくりしてもらおうと思っています。

 

 

お金に細かい人なので、

どんな風にやりくりするのか少し楽しみです。

 

 

 

 

 

 

あなたのマイホームの適正価格はいくら?

スパッとわかる、予算診断はこちらをクリック ↓↓↓↓↓

  あいFP事務所 マイホーム予算診断

 

☆トータル数百万円の差が出る??

これから住宅を取得される方のためのメール講座はこちら

をクリック⇒⇒  知らずに建てて大丈夫?無料メール講座

 

 

ライフプランシミュレーションの落とし穴

 

今週末は冷え込むらしいですね。

本格的な冬の到来でしょうか。

 

 

先週、娘の住まい探しに東京へ

行ってきたのですが、

 

 

とても暖かくて、過ごしやすく

寒いのが苦手な私は助かりました。

 

 

何件か内見の予約を入れて、

建物の前で待ち合わせをしたところ、

 

 

どの不動産やさんも案内してくださる方が

今時はアルバイトの学生さんがなんですね。

 

 

そこにとてもびっくりしちゃいました。

 

 

しかも、スカジャンにジャージっていう

いでたちなので、少し不安にもなりました。

 

 

でも説明はしっかりしてくださったのですが^^

 

 

娘は前の入居者が死んだりしてなければ、

どこでもいい、と言い放つ人ですが、

 

 

やはり心配なので、セキュリティ、大学までの距離、

家賃(ここ一番大事ですね)、散々迷いましたが、

 

 

何とか住まいは見つけることができたので

一安心です。

 

 

あとはしっかり勉強してくれることを祈るのみです・・。

 

 

 

さて、今回は「ライフプランシミュレーション」

についてです。

 

 

 

私がライフプランシミュレーションを

始めて知ったのは、

 

 

住宅ローンの仕事を辞めたいと思っていた

ころでした。

 

 

住宅ローンは建築屋さん主導になることが多く、

建築屋さんに営業をして、

 

 

ローンを組むお客様を紹介してもらうのですが、

 

 

紹介される段階では、すでに見積もりが出ていて、

年収から借入可能額マックスになっているケースが多い、

 

 

というのがパターンでした。

 

 

 

借入可能額マックスの何が悪い?

 

 

借入可能額は年収から計算します。

 

手取りではなく、総支給額(年収)からです。

 

 

例えば、年収400万円の方が、

借入金額マックスにすると、

 

 

3,500万円は借りられる可能性があります。

(条件が整い、審査が通った場合)

 

 

3,500万円の借入で、全期間固定1.45%で

計算をすると、月々の返済額は106,309円です。

 

 

では年収400万円の方が毎月いくらで

生活をするかということ、

 

 

手取りで22~23万円です。

(ボーナスで年間2か月分でると仮定)

 

 

手取り額からの住宅費の適正は25%と言われますが、

そこを大きく超えて、47%、約半分が住宅ローン返済に

充てなければならないことになります。

 

 

借入可能額マックスで借りてしまった場合、

このようなことが起きてしまうことになります。

 

 

 

生活できる?

 

 

家族構成がご夫婦2人、お子さんひとりの3人として、

 

 

毎月の生活に掛かるお金を挙げると、

 

 

食費が5万、日用品1.5万、

ライフライン2.5万、通信費1万、

ガソリン1.5万、生命保険2万、

 

 

ここまでで13.5万円なので、

住宅ローン返済額と合わせると、

 

 

手取り額を超え、赤字になっています。

 

 

借入可能額なんて、正直あまり気にしなくて良い

金額で、

 

 

生活に住宅ローン返済額を落とし込んだ時に

実際に返していける額なのかを

 

 

「借りる前」に判断することが大事です。

 

 

 

ライフプランシミュレーションは誰でも作れる

 

 

話は戻りますが、

始めてライフプランシミュレーションを

見た時に、

 

 

雷に打たれたような衝撃がありました。

 

 

大げさに思うかもしれませんが、

これは本当で、

 

 

家を建てる人全員が、家を建てる前に

ライフプランシミュレーションをしっかりやれば、

 

 

住宅ローンに苦しむ人をひとりでも減らせる!と

思いました。

 

 

ただ、ライフプランには落とし穴があり、

正しい数字で作らなければ、

 

 

実際とは違うものが出来上がるということです。

 

 

どのような考えであろうと、誰にでも作れます。

 

 

数字は嘘をつかないけれど、

人は嘘をつきます。

 

 

もし誰かに依頼してプランを作ってもらう場合は、

この人は“誰のために”ライフプランを作る人なのか、

 

 

ここを見極めて、依頼してくださいね。

 

 

 

“無料”に踊らされない

 

 

無料=ボランティアでちゃちゃっと作れるほど

ライフプランシミュレーションは

 

 

簡単なものではありません。

 

 

それで人生が左右されるかと思うと、

責任はとても重いと感じています。

 

 

無料なのであれば、どこで収入を得る“からくり”

があるのか、気にしてみてくださいね。

 

 

 

あなたのマイホームの適正価格はいくら?

スパッとわかる、予算診断はこちらをクリック ↓↓↓↓↓

  あいFP事務所 マイホーム予算診断

 

☆トータル数百万円の差が出る??

これから住宅を取得される方のためのメール講座はこちら

をクリック⇒⇒  知らずに建てて大丈夫?無料メール講座

 

 

 

 

 

今年の年明けすぐの出来事

今年の年明けすぐの

1月6日に今年、家造りを予定していた

お客様へLINEをしました。

 

その方は体調を崩されていて、

ちょっと家造りの計画を休んでいたので、

体調がいかがと思い連絡すると、

 

“いつも気にかけてくれてありがとうございます

 今年もたくさんの人に夢を与えてくださいね”

 

と返事をいただいて、

夢を与えるだなんて、

そんなにすばらしい仕事をしていたのかと、

その時、屋外だったにも関わらず

ものすごくうれしくて涙が出たのを

覚えています。

 

いや、今年ずーっと忘れませんでした。

 

今回、その方は諸事情によりお家を一旦

断念することになったのですが、

 

何気ない言葉だったのかもしれないけど、

今年の正月におっしゃっていただいた言葉を

私は一生、忘れません。

 

ずっと応援してますし、

いつか家を建てる時には

またサポートさせていただきたいです。

 

毎日、いろんなことがあります。

みなさんも私もそうです。

 

この世にひとりぼっちのような気持ちに

なることもあるかもしれないけど、

本当はそうじゃないです。

 

がんばりましょうね。

私もがんばりますね。

ありがとうございます。

 

 

これからセミナーやってきます。

話を聞きたいと思う方が

ひとりでも来てくださったらうれしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

11/17(土)ライフプランセミナー開催!

 

福島テレビハウジングプラザ

会津会場(飯盛山近く)にて

 

明日17日(土)14時より30分程度の

ミニセミナーを開催します。

 

消費税増税が決まり、

8%と10%のどっちで家を建てたらいいのか、

 

気になるのは増税だけど、

本当にそれで決めていいのか、

 

揺れている方にはぜひ聞いて欲しいです。

 

セミナー終了後、イベントが終わるまでは

ご相談も受け付けしております。

 

会場でお会いできますことを

楽しみにしております!!

 

 

 

消費税が上がる前に家が欲しい?①

2019年10月1日から消費税が10%になる

ことが正式に表明されましたね。

10%・・・キリがよく、計算しやすくなっていいなと

思う方は多くはなさそうですかね・・・。

増税の影響を緩和する対策が検討されていますが、

必要なものは8%のうちに買っておきたいなと

思ってしまいます。

特に大きな買い物は今のうちに

と思っておられる方も多いですよね。

 

 

◇住宅購入のどこに消費税が影響するのか?

 

これから家を建てる場合、どの部分に消費税10%が

影響してくるのか、ですが、土地は消費するものではないので、

消費税は非課税ですが、建物には消費税が課税されます。

 

例えば、坪単価60万円(税別)、32坪で1,920万円の

建物の場合、消費税UPの2%の差は38.4万円になります。

 

ここに、諸費用(仲介手数料や住宅ローン事務手数料など)にも

増税分がプラスされます。

 

さらに消費税UP分の住宅ローン借入額が増えれば、

もっと総支払額が増えることになります。

 

 

◇8%で購入するタイムリミットは?

 

これから住宅購入を検討されている方はチェック

されていると思いますが、もし8%のうちに

建てたいとお考えでしたら、

タイムリミットが2つあります。

 

1つ目のタイムリミットは、2019年9月30日までの

「完成引渡し」です。

増税前の9月中に完成引渡しを受ければ、

消費税10%になる10月に掛かっていないので、

8%で済むということですね。

 

それまでに完成が難しい場合には、

実はもう1つのタイムリミットがあります。

 

2019年3月31日までの「工事請負契約」です。

10%になる2019年10月1日は施行日。

 

その半年前の2019年4月1日を指定日としており、

その指定日の前日の3月31日までに工事請負契約を

締結していれば、もし10月以降に完成しても

8%の支払で良いという「経過措置」があります。

 

現在は平成30年10月で、3月まで半年切っています

 

まだ半年ある、と思うかもしれませんが、

工事請負契約の取り交しは簡単にはできません。

 

土地を見つけて、設計、仕様の打合せを何度も重ねて、

金額をある程度固めてから契約の取り交しをしますので、

契約まで何か月も掛かる場合もあります。

 

逆算しながら余裕を持って進めてください

 

くれぐれも8%にしたいがために、

「とりあえず契約」はしないようにしてくださいね。

後からのトラブルの元ですよ。

 

続きは次回へ。

 

※あいFP事務所 セミナーのお知らせ※

 

11月3日(土・祝)福島テレビハウジングプラザ

   福島会場にて14時より

   参加無料・予約不要

   消費増税と住宅取得についてのライフプランセミナー

 

11月11日(日)会津アピオ 2階

  住宅取得5つのお金のルールセミナー

  14時~15時半  参加費:1,000円

  これからお家を建てる方向けのセミナーです。

  消費増税前に建てるべき?を考える方にも

  お勧めです。

 

11月17日(土)福島テレビハウジングプラザ

   会津会場にて14時より

   参加無料・予約不要

   消費増税と住宅取得についてのライフプランセミナー

 

以上、お目に掛かれることを

楽しみにしております!!!

 

セミナー内容を詳しく知りたいという方は

お気軽にご連絡ください。

 

菊地携帯 ⇒ 080-5737-2229