入院費をすべて補償してくれる保険

最近CMでもやっている

「実費型」の医療保険。

実費型って何?というと、

例えば7日間入院(手術などはなし)して、

公的医療保険の3割負担分が20万だとすると、

その20万円を補償してもらえるというものです。

 

一般的な医療保険ですと日額いくらで出ますので

日額5,000円の保険だとすると、7日間で

受け取れるのは35,000円です。

 

実費型と日額型、大きな差がでます。

つまりこの2つはまったく違う種類の保険ということです。

 

実際に実費型に入られていて

補償を受けた方は本当に助かったとのお声も

聞いています。

 

実費型は、最新の医療事業の変化に対応するため

「定期」となっているんです。(5年や10年)

定期的に自動更新で保険料が上がっていきます。

最長99歳まで補償される商品もありますが、

実費型だけに入っているという場合は、

年を重ねると保険料の負担が大きくなりそうです。

 

そうすると実費型ってどう考えたらいいのでしょう?

 

私は、入院への備えを保険で考えたい方には、

高額療養費制度があるので

医療保険の日額5,000円のタイプで

保険料がなるべく安いものがいいと思っています。

でも日額だけでは心配という方には、

働き盛りの間、実費補償型をプラスで

入っておくのはとても不安解消になりそうだなと思います。

 

実費型、今後ますます各保険会社さんでいい商品が

出てくるかもしれませんので

注目していたいなと思います。

 

以上、注目の保険のお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ