数百万の差額が出る住宅ローン

「8割以上の方が金利差1.0%未満で借換」

こんなタイトルをFP向けの雑誌で発見しました。

 

某住宅ローン専門金融機関にて

現在フラット35の住宅ローンを返済中の方が

さらにフラットへ借換(住宅ローンの組み直し)した

顧客を対象に調査を行ったところ、

8割以上の方が「金利差1.0%未満」で借換を

行っているとの結果が出たそうです。

 

1.0%以上差がないとメリットが出ない

(例えば金利2.5%で住宅ローンを返済中の方が

総支払額を抑えるために借換(ローンの組み直し)を

するには、金利差1.0%以上ないとメリット(総支払額が下がる)

が出ないので金利1.5%以下の金融機関を探して借換の手続きを

しないとメリットが出ないということ。)

このように言われていますので、

8割の方が1.0%未満でも借換をしているという事実は

とても驚きです。

 

車1台分のメリットが出る可能性

確かに、

残債2,500万円  残りの返済期間 30年

現在1.8%で返済中の方が

今の金利(1.1%)で借換をした場合は・・

約300万円の差が出ます。

ここに諸費用は 約45万 掛かったとしても

255万のメリットが出ます。

1か月の返済額の違いは8,361円。

さぁ、この差額何にまわしましょう?(笑)

 

そこまで残債も期間も残っていないよ、という方。

例えば、

残債1,700万円 残りの期間 20年

現在1.8%で返済中の方が

今の金利(1.1%)で借換をした場合は・・

約130万円の差がでます。

諸費用は37万円程掛かって、

93万円のメリットが出るということになります。

中古の車なら買えそうです。

すみません、車が大好きなもので、すぐに

車に換算しちゃいます 😉 

(※諸費用は取り扱う金融機関で差があります。

 これは実際に私が受付させていただく場合で、

 手数料・登記代・収入印紙2万円込の金額です。)

 

今時、こんなにメリットが出る金融商品はなかなかありません。

こつこつ貯めることも大事ですが、貯めながら

高い金利で住宅ローンを返済しつづけるのは

ざるに水を汲んでいるようで

本当にもったいない!!

 

今住宅ローンを返済中の方は

必ず今の返済内容を確認してください。

気にしていない方の方が

高い金利で返済している場合が多いので

気が付いている方はぜひ教えてあげてください。

 

メリットが出るかわからない

そういう方は無料で計算しますので

ぜひご連絡くださいね。

 

とはいえ、面倒くさい

そうなんですよね、借換って面倒なんです。

新しくローンを組む時は家を手に入れるため

難なく手続きするのですが、

借換は最初に組んだ時よりも億劫に感じる方が多く

メリットが出ることがわかっていても

気が引ける場合が多いのです。

手続きは大きく4回で

申込、完済の申込、契約、完済の振込は

ご本人の手続きが必要です。

 

でも逆に言えば、この手続きを一気にガッとやってしまうだけで

100万円以上のメリットが出ると思えば

がんばれませんか?

 

無駄なお金は支払う必要がありません。

金利の低い今がチャンスです。

金利が上がってから考えたのではもう遅いですよ。

 

ぜひご自分の住宅ローン内容、ご確認くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ