ご相談事例~住宅ローン借換・持ち分変更~

“返済中の住宅ローンを見直したい”

マイナス金利の影響で見直し需要(借換)は相当増えています。

 

借換とは

「今までとは別の金融機関で、

再度住宅ローンを組み直す」というものです。

 

借換の目安は

金利差1%、1000万円以上の残債、15年以上返済期間がある・・

と言われていますので、

2~3%台で返済中の方がやるイメージです。

ですが、

今は超低金利ですので

1%台の方でも実際に借換をされて、

メリットを出しています。

 

借換は、今の時点での申込者の方の審査が必要になります。

 

ですので、

お給料が大幅に下がった、

転職をして間もない、

家を建ててから車のローンを組んだ、

今までの住宅ローンの返済状況 

などが審査に影響を及ぼす場合があります。

 

金融機関どう選ぶ?

どこを選んだらいいのかでご相談に来られる方も多いです。

(各金融機関の金利は毎月調査しています。)

どこを選ぶかアドバイスをして、

諸費用、メリット額、スケジュールを組んで

保険の見直しも一緒にやる場合が多かったりします。

 

比較的多い「負担付き贈与」

以前にご相談いただいた借換事例をご紹介します。

借換前

 主債務者:ご主人  連帯債務者:奥様

 土地建物の持ち分:ご主人と奥様の共有(1/2ずつ)

借換後

 債務も土地建物の持ち分もご主人に変更

 

(債務者の変更は(2人→1人)

 扱っていない金融機関もありますので確認が必要です。)

 

通常持ち分の変更は、

ご主人の土地建物の財産が増えるので、奥様からご主人への

贈与

になりますので、贈与税がかかる可能性があります。

ただし、

奥様からご主人へ財産(プラス)と一緒に債務(マイナス)も移るとなると

負担付き贈与

となります。

プラスマイナス0になれば、贈与税の心配はありませんので、

評価額とローンの残債でバランスが取れるかどうかの

確認をあらかじめしておく必要があります。

 

ローン控除も確認

ローン控除は持ち分によりますので

極端に減って損をしたりすることがないように

念のため、確認しておいた方がいいです。

 

 

持ち分を前から変えたいと思っていた、

借換気になっているという方は

お気軽にご相談くださいね。

 

借換をするなら最大限のメリットを出しましょう。

そしてそのメリットとは

金利の引き下げ幅だけではありません。

そこはぜひ個別でご案内させていただきますよ。

借換ご相談予約連絡先→080-5737-2229(菊地)

 

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ