住宅ローン【フラット35】の良し悪し③~金利編~

雨ですね。空が暗いのが朝から残念です。

森高千里の「雨」がずっと頭の中に流れてますが、世代なのでしょうか・・。

 

さて、住宅金融支援機構の全期間固定住宅ローン【フラット35】は

全期間固定ですので、最長で35年間金利が変わりません。

(【フラット35S】は住宅の技術基準により金利が引き下げになりますが

後日ご説明します)

主に新築される方向けのフラットの話になります。

 

毎月月初に金利が発表

毎月金利は動いています。

21年~35年の今年に入ってからの金利は下記の通りです。

1月 1.54%、

2月 1.48%、

3月 1.25%、

4月 1.19%、

5月 1.08%、

6月 1.10%

3月以降、マイナス金利の影響を受けてかなり下がっていますね。

最近は超低金利です。今借り換えするなら絶対、フラット35だと

個人的には思います。

 

実行時の金利が適用

“実行”とは、融資金額が支払われることを言います。

フラットの場合は完成した建物がフラットの「技術基準」に

合っていて「適合証明書」が発行されていないと“実行”されませんので

建物が出来上がって、適合証明書が発行されて、お金が支払われる“実行”

される時(月)の金利が適用になります。

つまり、今月実行となれば6月の金利(1.1%)が35年続きますし、

来月実行となれば、7月の金利が適用されることになります。

※ちなみに、借り換えは適合証明書が不要です。これ、建築やさんも

知らない方が多いです。

 

来月以降の金利って?

発表になるまではわからないということになっています。

新築の場合だと、申し込む時は着工前になりますので、

実行される時は申込時の数か月先。

数か月先の金利は読めませんので、金利はわからない状態で

申し込みをしなければならないということになります。

銀行さんだと申し込み時点の金利が適用になったり、

数か月では金利が変わらなかったりしますので、

数か月後の金利がわからないフラットはちょっと・・と思う方が

いらっしゃることは事実です。

 

数年後の金利は読めなくてもいい?

数か月後の金利が読めないのは嫌でも、

3年後、5年後の金利が読めないのは仕方ないと思う方が

多いようです。

銀行の固定期間選択型で3年固定、5年固定を選んだ方は、

3年後、5年後の固定期間が終わった時に、その時点での金利に

変更になります。

その時に金利が上がっているか下がっているかはわかりません。

 

利息を含めた住宅ローンの総支払額

フラットは支払いがスタートした時に、35年間の毎月の支払額が

確定しますので、総支払額が決まります。

全期間固定以外の住宅ローンは途中で金利がその時点の金利に

変更になりますから総支払額は読めません。

ですので、金利の上昇に備えて、

ある程度の余裕を持ったプランを作ることが必要になります。

 

住宅ローンの比較

全期間固定、固定期間選択、変動・・それぞれ特徴があります。

自分はどれが合うのか、すごく調べて選択する方もいれば、

建築やさんに勧められてそのまま組まれる方もいらっしゃいます。

返済していくのはご自身ですので、理解と納得の上で選択しましょう。

 

今後はフラット35S、つなぎなどの諸費用、団体信用生命保険などを引き続き

掲載します。

 

 

 

********************************

フラット35についてのご相談やお申込み承っています。

・住宅ローンそのものがよくわからない。

・自分にはどんな住宅ローンがあっているのかわからない。

・いくらなら借りられるのか?

・いくらなら返していけるのか?

・自分は住宅ローンの審査に通るのか?

・住宅ローンの審査に落ちたことがあるので

 今後どうしたらいいのか?

・住宅ローンの返済中だけど返済が苦しくて何とかしたい。

・低い金利の住宅ローンを知りたい。

などなど、

お気軽にご連絡くださいね。

電話→080-5737-2229

 

 

 

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ