一番多いご相談とは

ご相談をお受けする中で一番多いのは

これから住宅を建てたいという方からのものです。

そして皆さんが知りたいことが

住宅ローンの返済額で

「私たちは毎月いくらなら返済していけますか?」

というものです。

 

通常の場合、手取りの25%以内になりますが、

もちろん他の支出とのバランスもあります。

 

不安だからこそ「計画性」が大事

初めての大きな買い物に不安を抱く方は多いです。

自分にできるのだろうか?

または、安易に大丈夫だろうと思う方、これもまたこわい。

先のことなんかわからないからこそ

「計画性」が大事になってきます。

 

基本になるのが家計簿

ローンの数字を出す場合、

1か月の支出を表にして出してもらいます。

お金の使い方を確認するためです。

家計簿をつけていないという方は、1か月経ってから

再度お越しいただく場合もあります。

支出を振り返る良い機会にもなると思います。

 

なぜわざわざ1か月の支出をさらけ出さなければならないか?

25%以内に収まってればいいんでしょ、

と思われるかもしれませんが、

今まで支払っていなかった住宅ローンが組み込まれるのに

他の支出とのバランスをとらないわけにはいかないからです。

 

入りすぎている保険や数年後には1.5倍になる保険は

見直し対象かもしれないし、通信費はもっと抑えられるかもしれない。

今までの生活に住宅ローンをそのまま組み込める方は

そうそういらっしゃいません。

 

次にライフプラン

住宅ローンは35年で組む方が多いので

毎月滞りなく返済して、

35年後に完済しなければなりません。

そんな先のことわからないよと思うかもしれませんが

途中で“やっぱやーめた”が基本的にできないものです。

 

病気などの万が一の時も、お子さんにお金がかかる時も、

転職した時も、退職した時もどんな時にも払い続けなければならない。

 

家計簿から出した数字を長期的に見ても可能かは

ライフプランを作って判断します。

家計簿は点でしかないので、線で見ても大丈夫かの確認は

ライフプランで必ずする必要があります。

 

低い数字を言われたくない

それが現実の数字ということにはなりますが、

思っていたより低い数字であったとしたら、

どうすれば思うような数字にすることができるのか?

提案もしますし、一緒に考えますので

恐れなくても大丈夫です(笑)

 

菊地さんが全部考えてください。

まれに丸投げされる方がいらっしゃいますが、

生活していくのは私ではありません。

提案もアドバイスもしますし、ずっと寄り添いますが、

依存ではなく、主体性を持ってお金と向き合いましょう。

 

 

***************************

初回相談は無料です。

お気軽にお越しください。

とりあえず何も持たずにいらっしゃっても大丈夫ですが、

ざっくりでも家計がわかるものがあれば話がスムースです。

土日や夜のご面談、訪問も可能です。

予約連絡先→080-5737-2229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ