DCは「最強の金融商品」

安心安全な老後の資産運用 掛け金も運用益も給付金も非課税

 確定拠出年金を知っていますか?」

これは週刊文春6月9日号の見出しにあったものです。

6月8日の日経新聞にも、

「個人型DC(確定拠出年金) 玉石混交」と

確定拠出年金を取り扱う金融機関の手数料の比較が特集

されていました。

様々なところで特集が組まれ、確定拠出年金(DC)が今

注目を浴びています。

 

「運用」&「節税」がポイント

そもそも確定拠出年金とは、「私的年金」のひとつです。

ポイントは2つで、

・積み立てた元本を運用して、将来多く受け取れる可能性がある、

・掛け金や運用益は全額所得控除される

ということで、今「最強の金融商品」などど紹介されています。

 

公的年金だけでは足りない

今、「老後破産」や「年金だけでは生活できない」

「自助努力が必要」と言われていて、マイナス金利の影響もあって

ただ積んでいるだけでは厳しいと誰もが思う中、

こんなにいい商品があったじゃないと注目されていることと、

DCには「企業型」と「個人型」があって、対象者が限られていたものが

来年から対象者を大幅に増やす改正法が5月24日に国会で成立

したということもあってより注目されています。

 

※法改正で来年から公務員や主婦、企業年金のある会社員などが

加入できるようになります。

 

私もこれからは「手取り」を増やせる商品がくると思い、

DCはよくわからない商品だからこそ、アドバイスできる人が

必要と思い、DCプランナーの資格を取得しました。

(会津では受験するのは私ひとりでした^^;)

 

ご相談を受けている中で、大きい会社にお勤めの方は

「企業型」でDC加入しているという方がちらほらいらっしゃいますが、

「個人型」で加入しているという方はまだお目にかかっていません。

私のセミナーでも以前からお話ししていましたが、

そんな商品があったなんて知らなかったという方が大半です。

 

加入の仕方がわからない

金融機関や一部の保険屋さんで取り扱いをしていますので、

手続きを行って加入していただくのですが、

その前にやることがあります。

 

老後いくら必要なのか

ライフプランを作って確認してから、ではこの部分は

DCで賄おうという判断になってきます。

DCは60歳まで引き出すことができません。

良い商品には飛びつきたくなりますが、まずは

ご自分のライフプランからです!

 

 

 

********************************

ライフプラン作成は

40年先までのお金の見える化するものです。

住宅にいくらお金を使っていいのか、

もう見積をもらっているけど、ローン返済は大丈夫か、

いつまでローンを払えば老後に間に合うのかなど、

プランを作れば見えてきます。

お金に対する不安を解消できるのが「お金の見える化」です。

通常価格:30,000円(税別)で作成しています。

尚、年間顧問お申込みの方は、顧問入会金:20,000円(税別)、

年間顧問料:10,000円(税別)となっております。

お気軽にお問合せください。

電話→080-5737-2229

 

 

 

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ