住宅ローン【フラット35】の良し悪し①

全期間固定の【フラット35】。

土地や建物の購入、新築、借換に使える住宅ローンです。

マイナス金利の影響で、現在超低金利です。

でも、そもそもフラットの中身を知らない方が多いですよね。

建築会社さん、不動産やさんも知らないという方もいます。

知らないから、銀行さんに相談しちゃった方が早いって思われがち。

自称フラットのこと何でも知ってる私から、

フラットのメリット、デメリットを少しずつお伝えします。

借りる金額

基本、土地・建物の契約書の金額まで、です。

土地と建物のどちらも満額(10割)借りることはできますが

9割までの融資だと、低い金利で借りることができます。

フラットで10割を選んでしまうと金利が高くなります。

どういうことかというと、

 土地代 500万円   建物2,300万円 

 合計 2,800万円(契約上の数字。諸費用含めない)

上記のような場合は、借入金額を9割の2,520万円までにすると

低い金利(5月は35年固定で1.08%)で借りることができます。

つまり、残りの1割と諸費用は自己資金を用意しなくてはなりません。

1割と諸費用で400~500万あれば足りるでしょうか。

毎月こつこつ2万円ずつ貯めても10年で240万・・・。

結構な気合と自己資金が必要です。

贈与してくださる親御さんがいればいいですけど。

この自己資金の用意ができない場合は10割または9割+1割で

借ります。

この9割+1割の1割って何?というと

これは、フラットを取り扱う各代理店が用意している1割のためのローンで、

変動金利で2.5%前後が多いようです。

フラットで10割借りるという手もありますが、金利が高いので

9割+1割にした方が総支払額が抑えられます。

 

 

自己資金が無くても家は建ちます。

10割+諸費用ローンがあったりするから。

でも1~2割の自己資金はあった方がフラットの場合も銀行の場合も

総支払額や60歳時の残債で差が出ます。

老後の心配するのなら、住宅ローンは早めに返した方がいい。

住宅ローンを早めに返したいなら、常に手取りの9割で生活できたらいい。

いつから貯めるのか?

それは結婚した時からスタートして欲しい、といつも思うのです。

続きはまた次回。

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ