入院費=医療保険で賄うではない。

いつもお世話になっている方が先日、事故で入院をしました。

事故なので、何の準備や心づもりをしないまま、

突然の手術、1か月以上の入院となり、

自営業の方でしたので、仕事もお金も

大変不安な日々を過ごされたそうです。

 

今はお元気になられて、少しずつ始動されていますが、

改めて強く感じたのは「貯蓄」の大切さだそうです。

 

すぐに動かせるお金があることは気持ちに余裕ができます。

もちろん入院ですと、「医療保険」に入っている方であれば、

入院日数×日額いくらでお金が出ますので、ある程度それで

賄うことはできます。

 

そして、高額療養費制度がありますので、一般的な所得の方ですと

1か月8万円程度の支払いになります。

でも食事代、差額ベッド代、洗濯代、テレビカード、雑誌、

お見舞いに来るご家族の交通費・駐車場代、働けない分の収入まで

考えたら、日額いくらというものではどうも割に合わなそうです。

 

だから日額1万円にしましょうと保険やさんはおっしゃったりしますが、

掛け捨てが増えるだけで、私はどうももったいない気がしてなりません。

その分貯めておいた方が、もし健康でそのお金がそっくり残ったら、

住宅ローンの繰り上げ返済に回せたり老後のお金にプラスできたり

して、お金の使い道としてよさそうです。

 

今、実費保障(掛かった分をすべて保険で出してくれる)という保険も

人気がありますが、一時金でまとまった額を受け取れるとか、

万が一のための貯蓄がある、入院したときに切り崩せる終身保険がある、

という方が安心できそうです。

 

掛け捨ての医療保険を否定するわけではありませんが、

(私も入ってますし)入るのであれば、

掛け捨てなので安いもので、払込期間に限りがあって、

保障期間は一生涯というものがいいと私は思います。

 

入院への備えは医療保険に入ることだけではありません。

これをご欄になった方はぜひ

今のご自分の入院への備えについて再確認してみては

いかがでしょうか。

 

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ