マイナス金利で固定金利は過去最低に?!

2月はほぼ毎日のように新聞には

日銀のマイナス金利政策について掲載されています。

本日の日経にも、

「住宅金利、一段と低下」ということで、

10年固定が過去最低になっているとあります。

 

日銀のマイナス金利政策で長期金利の低下が続いており、

長期金利を目安としている住宅ローンにも影響が出てきていますね。

 

全期間の固定金利はというと、今までの過去最低金利は

昨年の1.37%でしたが、3月はさらに下回る見込みです。

 

金利の低下によってメリットがでるのは、今、住宅ローンを返済中の方です。

今2%台で返済中という方は、残りの期間と金額にもよりますが、

総支払額でメリットが出る可能性が高いでしょう。

「まだ住宅ローンを組んで3年だよ」

という方も、一度、ご自分の住宅ローンをご確認ください。

 

ちなみに、10年固定が1%を下回る銀行は多くなるかもしれませんが、

10年後には金利は上がる可能性があります。

完済までのトータルでみると、全期間固定が来月下がるのであれば

全期間固定を選択肢として考えてみるのもよさそうです。

 

住宅ローン借換や住宅ローン全般についてのお問合せは

こちらへどうぞ → 080-5737-2229 菊地まで。

 

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ