消費増税で住宅ローン減税3年延長ですね

年末押し迫ってきましたね。

 

年末になると、

あれもこれもやらなきゃと思っちゃいます。

 

年明けは反動でポカーンとしたりするんですけど(笑)

 

 

さて、今回は消費増税対策についてです。

 

 

 

消費税が来年の10月から10%になるにあたり、

住宅ローン控除が拡充されるといわれていましたが、

 

 

12月11日の新聞に

現行の10年から13年に延長と発表がありました。

 

 

10年目までは今までと同じ、

住宅ローン年末残高の1%、11年目以降は

 

建物価格の2%とローン残高の1%残高還付3年分の

どちらか少ない方が減税額となります。

 

 

例えば、建物の金額が坪単価60万円、

35坪とすると、建物金額は2,100万円です。

 

 

2,100万円に対する消費税額は、

8%で168万円、10%で210万円、

差額は42万円です。

(土地は消費税非課税です)

 

 

ローン減税延長3年でいくら戻るかですが、

建物金額の2%で計算すると、

 

462,000円です。

 

消費増税分は延長の3年分で取り戻せそうです。

 

 

この延長には期間があり、

2019年10月から2020年末の間に新たに

契約した住宅が対象です。

(注文住宅は2019年4月契約分から)

 

 

結構期間が短いので要注意ですね。

 

 

この他の増税後の対策としては、

すまい給付金の所得階層拡充と給付額引き上げ(30万⇒50万円)、

住宅取得資金の贈与枠の拡充(最大1,200万円⇒3,000万円)

があります。

 

 

増税対策なので、増税分は8%で建てた場合と

変わらない位になりそうですが、

 

 

すまい給付金は所得に応じて、

ローン減税は借入額と納税額で違いが出ます。

 

 

 

もし、今住宅の話が進んでいるのに、

わざわざ10%に延ばそうと考えた場合は、

 

 

その間の家賃や、金利の変化まで加味しないと、

総支払額が増えてしまう可能性があるので

注意してくださいね。

 

 

ではまたお読みくださいね。

 

※年末は12月31日(月)のお昼まで、

年明けは4日より始動の予定です。

 

 

あなたのマイホームの適正価格はいくら?

スパッとわかる、予算診断はこちらをクリック ↓↓↓↓↓

  あいFP事務所 マイホーム予算診断

 

☆トータル数百万円の差が出る??

これから住宅を取得される方のためのメール講座はこちら

をクリック⇒⇒  知らずに建てて大丈夫?無料メール講座

 

 

 

 

 

 

 

 

無料相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

守秘義務を守ってご相談にお応えします。ご安心の上、ご相談ください。

電話でのお問い合わせの際は、ホームページを見たと言って頂くとスムーズです!

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0242-23-9013
受付時間 平日9:00~18:00(月〜土曜日)

メールでのお問い合わせ